春がキタ――(゚∀゚)――!!と木酢のこと - 藤瀬農園 ~道草日記~

春がキタ――(゚∀゚)――!!と木酢のこと - 藤瀬農園 ~道草日記~

藤瀬農園 ~道草日記~ ホーム » やさい » 春がキタ――(゚∀゚)――!!と木酢のこと

春がキタ――(゚∀゚)――!!と木酢のこと

暖かすぎます。

話によれば4月上旬とか。

もう、十分花見が出来ます。

桜が咲いて無くても梅で!

P2280515.jpg


こんな所で「ごろん」って寝ころびたい(*^▽^*)ェ

P2280525.jpg


でも今日はなんか霞んでいるような・・・・

大陸から変な物が流れてきてないか心配だけど

話題になってないから少なめ?


この気温で生育が早くなったほうれん草

P2280528.jpg

予定じゃ、次の次に収穫する分だけど、急がないといけないかな?


何となく話し足りない「農薬」のこと

何処までが安心と言えるだろうか?

もちろん私の中では線引きが出来てますよ。グレーの部分もありますよ

ただ「これはいい」「これはダメ」と言ったところでその背景まで話さないと

伝わらないと思う。

例えば「木酢」ってどう?と聞かれれば

いい物もあれば良くない物もあると答える。

それは、木酢作るときに建築廃材を使って作るときがあるから

シロアリがこないように木の部分になんか塗ったりするでしょ

加圧して染みこませるところもあるし、

ペンキとかニスとか使ったりしたものから木酢液作ると変な物まで混じっちゃう

だから、大量生産された木酢ってちょっと怖い。

こんな理由だから、家庭菜園で使う分なら木酢より「食酢」勧めるわけ。

ほんとうは木酢が安いけどね。

猫とかが寄ってこないような忌避剤ってあるでしょ

成分見ると「木酢」って書いてある物もある 

その木酢ってどのように作ったのかな~って考えると・・・・・

後は自分で判断しないと、と思うわけです。


※まだまだ書きたいこといっぱい

でも舌足らずでまとまりがないのはいつものこと、

後で読み返して訂正入れる気満々です(時間があれば)

参考程度にしてください。


調子に乗り4つのブログランキングに参加しています。
皆さんの応援ポチが子供たちからの尊敬の眼差しに変わります(*^▽^*)ェ
お手数ですが宜しくお願いします。 (マウスの真ん中で押と簡単です
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へジモモ佐賀 
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

驚く前に。

時間がなくて急な思いつきで・・・。
ご迷惑かけますが、よろしくお願いします。
何の事かって?
私のブログに載せてます。2月28日の。
驚かないで下さいね~。

2013-03-01 01:53 │ from まこちゃんURL

No title

昨日は運良くブログ拝見しましたが、まさか・・・
このコメントで分かりました(*^▽^*)ェ

さて、感想です。
どこに書くか、こっそり書くか?ちょっとだけ考えましたが
こそこそするのはあまり好きじゃないし、堂々と(*^▽^*)ェ

ただ私、正直者です。思った通り感じたとおり書きます。
最初に食べたのは赤系のほうれん草、(もちろん届いたすぐ生のままです。)
甘いです。うちのお野菜みたいに甘いです。(ごめんなさい基準がうちです。)
食感は細胞が細かく堅いです。←食べた感覚です。
人参食べました。これも甘いです。大根も食べました。そして感じました。
土に繊維が、有機物が足りないと。
野菜から伝わる匂いが、包み込むような匂いが感じられない。
素直に大きくなってないというか、時間がかかって成長したような感じです。
細胞が小さいです。たぶん病気に強いです。ワイルドに育っています。
深い味と柔らかい感じが少ないです。
少しオーバーに書いてます。熱を加えたらまた変わった感想があると思います。
安納芋は大きく育ってます。この大きさはあまり見ません。ちょっと大きめです。
時計型ストーブでじっくり時間をかけて焼いて食べます。

所詮私の感想です。信憑性も重みもありません。
今度はうちの野菜と比べてみて見てください(*^▽^*)ェ

2013-03-02 00:01 │ from まこちゃん さんへURL Edit

なるほど!

率直な意見ありがとうございます。
思い当たることがありますね~。
確かに時間がかかっています。
赤茎ほうれん草はきれいに育った時、一部しか収穫する時間がなくて
日曜朝市に出したけど、そのあとの一週間のうちに虫にボロボロにされ、
そのままになってたのが復活したものなんです。
寒さで甘味も増えたような気はしますが、荒々しい感じはしていました。
人参もきれいに育ち始めた頃、葉を食べつくされ、その後復活しました。
大根は虫にやられたわけではないのですが、ボカシの在庫切れで鶏糞や糠が
主な肥料になってしまいました。
長年有機栽培でやってはいるのですが、ボカシ肥料も作るのが追い付かず
なんちゃって有機栽培になってる気はしていました。
土の状態が私のイメージしている状態にはなっていないので
なんとかしたいと思っていたわけです。
やっぱり野菜に表れているんですね。
やさい玉子さんの周辺は土着菌も威力を発揮していますか?
大阪の親戚のおばさんなどは売ってる野菜と全く違う!美味しい!と
言ってくれるのですが、私はなんとなくまだまだと思っていたんです。

包み込むような匂いが感じられないというのが納得出来ます。
シンポジウムで講演された吉田俊道先生は草の力を力説していました。
野菜本来の匂いがしない、栄養価がない野菜が出回っていると言ってました。
私も有機栽培をしても昔ほど野菜臭い野菜が出来てない気がします。
土作りが問題でしょうか?
この辺りの土地でも微生物の働きで藤瀬農園さんの土に近付くことが出来るかなぁ~?
栽培する量は日曜朝市程度で大した事ないのですが、
やっぱり感動する味に育てたいなあ~と思っています。

2013-03-02 03:03 │ from まこちゃんURL

こんにちは!

時々、拝見していますがコメントは初めてだと思います。

私もまこちゃんさんから野菜をいただきご馳走になりました。
とても甘く、美味しくいただきました。
こちらのコメントを見て、なるほど!・・・と思ったのが、ワイルドという表現です。
とても元気を感じました。
それと、匂いのことを言ってましたよね。そこまでは私は気づきませんでした。
さすが、プロなんですね。

でも、なんか、農家ブログでこういう繋がりっていいな~って、そこに感動したりして・・・^^;

2013-03-03 20:41 │ from ヨメッコURL

まこちゃん さんへ

ぼかし肥のイメージですが、土の潜在能力を引き出す役割として捉えてます。
地力があり、ぼかし肥を加えることでパワーアップするみたいな感じです。
ですから、最初に地力がないといけない。
栄養のない砂地にぼかし肥だけ入れても・・・とならないように
有機質の肥料が必要だと思っています。
そして菌がとどまり、居心地が良くなるように
繊維質があったら素敵な環境が出来ると!

↑実はこの考え方は教わった物ではなく、私独自の考え方です。
間違っているかもしれないし、あたっているかもしれません。
私はあんまり勉強してません(*^▽^*)ェ。
直感とかイメージで捉えてます。

納豆菌とか使ってますが、厩肥を発酵させるのは土着菌です。
米糠入れたりしますが、EM菌とかよそ者入れて、なんて考えはありませんし
その必要もないようです。たまに草刈りの時に菌糸の集まり見つけると
堆肥に放り込んだりしますけど。

匂いは他から移る物でもあるし、食べ物から出る物だと思います。
肉食べると体臭が・・・みたいな物です。
食味鑑定の人が合鴨農法で作られた米はほんのり有機の匂いがするって
言ってましたけど、野菜も同じじゃないかと思います。

菌を加えてもすぐになくなるような環境じゃなくて、
土の中で留まるような、欲を言えば少しくらい増えるような
土作りの方向性をもっていったらどうでしよう

2013-03-03 22:13 │ from やさい玉子URL Edit

ヨメッコさんへ

レディーの訪問は何となく頭に残っています。これで2度目だと(*^▽^*)ェ

大根の葉っぱ千切って食べて「おお!うまっ」って感じましたよ♪
やっぱり作ってる環境が良いんですよね
基本的に美味いんですよ、他と比べものにならないくらいに。
折角愛情もって作られたお野菜をわざわざ私の所に送られてきて、
それも、「プロの農家さんに」なんて言われると少しの差でも
伝えないとと言う気持ちでしたよ

ヨメッコさんからもプロって・・・
リンゴのプロ・創作のプロ・料理のプロから
こんな事言われて・・・ほっぺが赤くなりそうですハハハ




2013-03-03 22:26 │ from やさい玉子URL Edit

トラックバック

http://831tamago.blog134.fc2.com/tb.php/972-114b226e